【臼杵煎餅】

後藤製菓の代表作

 

 

 

四百年ほど前、臼杵藩主稲葉領主(五万石)が江戸参勤交代の途上の食料として、米・麦・粟・ひえ等を材料に作り上げた携行食が臼杵煎餅の始まりと言われています。その後、小麦粉が主原料になり、かつて大分県臼杵市は生姜の一大産地であったことから味付けに生姜が加わって参りました。現在も、生姜と砂糖で作った蜜を棕櫚(しゅろ)の刷毛で一枚ずつ丁寧に手塗して仕上げる伝統製法で作られております。これまで多くの人の手によって四百年もの歴史を刻んできた大分県の伝統銘菓でございます。